外来のお仕事

外来に勤務する看護師は来院された患者さんに最初に接する、病院・クリニックの窓口です。
第一印象はもちろん、外来で受けるイメージと言うのはそのまま、その病院・クリニックのイメージにも繋がります。なので、来院された患者さんへの対応には細心の注意が必要なのです。
一言で外来と言いましても外来には「クリニック外来」と「病院外来」があります。
外来勤務においてはどちらも大きい違いという違いはありませんが、病棟勤務の看護師とは、かなり違いがあります。
一般的に外来看護師は病棟勤務の看護師よりも仕事内容は楽と言われています。勤務時間にも余裕があるため、主に小さい子供を持つ看護師などが、家事と育児と仕事を両立させて働くのに向いています。
また、外来の看護師は患者さんへの問診も大事な仕事で、具合が悪く来院されている患者さんの様子をきちんと読み取り、医師にきちんと症状を伝えてあげなければなりません。患者さんの中にはうまく説明できない人もいます。具合が悪い中来院されているので当然の事だとは思いますが、それをうまく聞き取り、要点をまとめ、きちんと医師に報告するといった、患者と医師の橋渡し役として重要な役割を担っています。コミュニケーションはもちろん、判断力や観察力なども必要になってきますね。
どんなに病棟勤務と比べ楽な仕事内容とはいえ、医療の現場であることには変わりありません。責任感をきちんと持って仕事に臨むことが何より重要です。


No Comments (yet)

コメントを残す